FC2ブログ
2015 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 11










委託販売が始まりました

18日のJ.GARDENの新刊「依頼人は眠らない」ですが、コミコミスタジオさまで委託販売が開始しました。
ありがたいことに予約分は完売したようで、予約分にちょびっとプラスした部数を納品いたしました。本当にちょびっとです。

J庭会場で思ったよりも購入していただけまして、当初の予定では会場売りの余った分をさらに委託販売に回そう、と考えてたのですが、なんと会場分が残二冊という嬉しい結果になりまして、余裕がなくなってしまいました。

つまり、何が言いたいかというと、もし買おうかどうしようか迷っている方がいらっしゃるなら、お早めにお買い求めいただかないと売り切れてしまう可能性があるのでご注意ください! ということです。
コミコミスタジオさまで現在はご注文いただける状態ですが、なにぶん予約分以外は本当に少部数しか納品しておりませんので……。
さらに言ってしまいますと、今のところ、再販をする予定もありません。
私の手元には残二冊あり、これは次回のJ庭に持参し、あとはコミコミスタジオさまに今回納品した分でおしまいです。

なんでこんなギリギリになってしまったかと言いますと、単に私が部数を読み間違っただけです( ノД`)…
実はいつもJ庭にサークル参加するたびに、「誰も来てくれなかったらどうしよう。一冊も手に取ってもらえなかったらどうしよう」と、不安でいっぱいでして、今回も最初は新刊を全て机の上に積み上げていたのですが、「この本の山の高さが最後まで変わらなかったら悲しすぎる」と思い直し、半分ほど箱にしまったり(^_^;)
ようは小心者なので、怖くてあまりたくさん刷れないんですね(-.-)

今だって、こんなに売り切れちゃうかもよアピールしておいて、しかもちょびっとしか残りないよ、とまで言っておいて、全然売り切れなかったらどうしよう! とビクビクしてます。
次回のJ庭でも、残り二冊をそのまま持ち越したらどうしよう、と今から不安でプルプルしそうです。

ですが、もし読みたいと思ってくださってる方がいるなら、売り切れる前にお手に取っていただきたく、この記事を書きました。
半年後も全然余裕で買える状態でしたら、心の中で笑ってやってください(笑)

なんだかとても微妙なお知らせになりましたが、「依頼人は眠らない」をお手に取っていただいた皆さま、本当に本当にありがとうこまざいます!
これからも頑張りますので、よろしくお願いします!

スポンサーサイト



2015年10月20日(Tue) | 同人活動 | TB(-) | CM(0)

J庭お疲れ様でした

昨日行われたJ.GARDEN39に参加された皆さま、お疲れ様でした。
そしてそして、当スペースにお越しくださった方々、本当にありがとうございました!
予想よりも多くの方にお手に取っていただき、とても嬉しかったです(^^)
感想を言ってくださるだけでも嬉しいのに、差し入れまでいただきまして、ありがとうございます~(>_<)

あ、ここでいきなり私信を……差し入れをくださった方で、前回もいらっしゃってくださった方(それ以前にもいらしてくださってます)、Tさんですよね!?
たぶんTさんだよなぁ、と思いつつ、違ってたら申し訳ない、とお声をかけるのをためらってしまい、ちゃんとお礼を言わずにすみませんでしたm(__)m 差し入れの中身を拝見し、この気づかいのきいた品々は絶対Tさんだと確信しました! 遅くてすみません(TT)
いつも本当にありがとうございます!
次回もいらっしゃるようでしたら、ぜひお名前を名乗ってください。また私が「あれ? 違うかな? どうかな?」とオドオドしてる間にお見送りしてしまうかもしれないので(^_^;) お嫌でなければお話させてください。
小心者で、なかなか自分から話しかけられなくて申し訳ありません(>_<)

あ、ですが今回、お隣さんとちょっとお話出来たので嬉しかったです~♪
とても良い方で、私が机の下に隠してたチョコをザザーッと雪崩のようにぶちまけてしまったのを拾ってくださったのがきっかけで、猫話で盛り上がりました。可愛い子猫の写真まで見せてくださり、もう胸がキュンキュンしました!
さらに、私が撤収作業を終え、荷物を宅配便に持って行こうとした時、アホなことに会場の見取り図も箱の中にしまってしまい、どこで宅配便の手配をしたらいいのかわからなくなってた時も、親切に教えてくださり本当にありがとうございました! グダグダですみません!

また、反対隣の方もおいしいお菓子をありがとうございました~(*^^*)
お返しにお渡ししたのが、スーパーで買ったチョコですみません( ノД`)

前回もですが、お隣さんから美味しいお菓子をいただく機会が多いので、これからは私ももっとちゃんとしたお菓子を持って行こうか悩み中です。
ですが、私の地元の有名なお菓子と言ったら、食べると歯茎に刺さる危険のあるものや、持ち運びには向いてない甘い味噌の匂いを辺りに放つものくらいしか思いつかないんですよね……。
あ、そう言えばラスクも有名とか? 地元じゃよくいただくので皆食べ飽きててあまり喜ばれないのですが、ラスク、お好きでしょうか?
あとは、七つの味がある、あのせんべいとかですかね。でも、せんべいって……。
いずれにしても、次回の三月に行われるJ庭には、グレードアップしたお菓子を持参したいと思います!

そうそう、一つ大事なお知らせ(?)が。
今回ありがたいことに持参された本にサインをさせていただいたのですが、もし万が一、次回のJ庭でお会いした際に、私なんぞのサインをもらってやってもいいかな、と思われる方がいらっしゃいましたら、遠慮なくどしどしおっしゃってください(^^)
いつも筆記用具一式持って行ってますので、書く紙をお渡しくだされば、指定の場所に書かせていただきます。
また、けっこう暇してるので(笑)、どしどし声かけてください! 本当はいらしてくださった方ともっとお話したいのですが、お引き留めして他のサークルさまを回れなくなったら一大事、と泣く泣くお見送りしてますので……。
お時間に余裕があって、お話してくださる方がいらしたら、お気軽にお声をかけてください(^^)

次回3月21日のJ.GARDENは40回記念なんですね!
またペーパーラリーも企画されるとかで、とても楽しみです♪
気が早いですが、次の新刊はずっとのばしのばしになってた、既刊「恋のかたち」のスピンオフの書き下ろしの医者物を出そうかな、と考えてます。
個人的に思い入れのある作品ですので、時間をかけてゆっくり推敲したいなぁ、と思ってます。


そうそう、今回はちゃんとお買い物も出来ました!
ちょうど近くにチェックしてたサークルさんがいらしたので、辺りをキョロキョロしていらっしゃるのを確認し、自スペースをあらかた片付けた後にササッとお買い物してきました(^^)
パフェの間も一通り回ってお目当ての本も買えて、また直感で買った本がとても面白く、とても素敵な一日を過ごすことが出来ました。

参加された皆さま、本当にありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします。
共にJ.GARDENを盛り上げましょうね。
素敵な出会いに感謝しつつ、今回のJ庭もお疲れ様でした。

2015年10月19日(Mon) | 同人活動 | TB(-) | CM(0)

「依頼人は眠らない」お試し読み




A5 P32 300円

※表紙画像ですが⬆、PC画面を写した画像のため、実物と若干違います。
なぜか表紙データを移そうとすると、タイトルとかの文字が消えてしまうため、アナログ手段を取りました(>_<)

以下、本文冒頭より抜粋したものです⬇


冬本番となった十二月。
その日、真琴は朝から落ちつきなく事務所の壁に掛けられた時計を、何度も確認していた。
――無事に到着しただろうか。
どうしても恋人のことが気になり、先ほどから報告書への記入がなかなか進まない。
クリスマス休暇という名目で一週間の休のは先月の終わりのこと。久納とは十月に会ったきりで、その時も二日共に過ごしただけだった。
久納の仕事は多忙を極め、長期休暇はおろか、ほぼ休みらしい休みを取らずに働いている。そのことは以前、彼からの依頼を受けて一緒に暮らした時にも目にしていたから知っている。
本心を言えば、もっと一緒にいたい。
けれど、そのためには彼が仕事をセーブするか、自分が探偵事務所を辞めてついていくかのどちらかになるだろう。
真琴は今の仕事にやりがいを感じていた。勤め始めた時とは全く違った気持ちで、責任を持って仕事をこなしている。
職種は違えど、それは久納も同じだろう。
そのことがわかっているからか、一度彼からの誘いを断って以来、久納は真琴を自分の仕事に同行させようとすることはなかった。
久納は会えない時間を埋めるようにまめに連絡をくれるし、忙しい中、こうして仕事を調整して会いに来てくれる。
だから、もう付き合い始めの時のような不安を感じることは少なくなっていた。
「まこっちゃん、これにハンコもらえる?」
向かいの席の吾妻から唐突に声をかけられ、物思いにふけっていた真琴はビクリと身体を揺らす。
「あ、ごめん。寝てた?」
「……違います」
「はは、冗談だよ。ハンコもらえる?」
吾妻には今日、この後デートすることを知られている。落ちつきない様子を見咎められ、白状させられたのだ。悪い男ではないのだが、最近、慣れてきたのか、こうしてからかわれることが多くなった。別段それが嫌なわけでもないから、真琴も軽く流している。
吾妻に渡された書類に捺印し、無意識に時計を見やると、終業時刻まであと一時間を切っていた。
早く終わらせないと久納を待たせてしまう。
真琴は気を取り直し、猛然とキーボードを叩き始めた。

息を切らせながら待ち合わせ場所の喫茶店に飛び込むと、久納が気付いて手元の書類から視線を上げた。真琴は店員の案内を断り、彼の座る席へと向かう。
「お待たせしてすみません」
「いや、それほど待ってない。思ったより早く終わったみたいだな」
「ええ。今日は報告書作成の仕事だったから、現場に出ている時と違ってイレギュラーな事態も起こらなかったので」
真琴がホットコーヒーを注文すると、久納もおかわりを頼んだ。広げていた書類を鞄に仕舞う久納を見つめながら、無意識に笑みが零れる。
「何かおかしいか?」
「いえ」
「笑ったじゃないか」
久納が少し不機嫌そうな顔をする。彼は十代の後半からイタリアで生活していた。そして仕事を始めてからも拠点を日本に移すことはなく、世界各国の企業を相手に取引を行っている。
そういったことから、久納は思ったことをストレートに口にすることが多く、逆にはっきりと意見を口にせず曖昧に濁すことを嫌う傾向があった。
真琴は一瞬、誤魔化してやり過ごしてしまおうかと思ったが、彼のそんな性分を知っているため、恥ずかしさを押し込めて言葉にする。
「……嬉しかったから笑ったんです。こうしてあなたが僕を待っていてくれるのが新鮮だし、二人で喫茶店に来たのも初めてだから。それに、僕が来たらすぐに書類をしまってくれた。仕事より僕を優先してもらえた気がして、嬉しかったんです」
「こんなことでお前は喜ぶのか」
「はい。単純なので」
「ふん」
気のない返事しかされなかったが、久納も満更でもない様子だ。
不思議なもので、恋人になってからの方が二人の時間が減っている。今や彼と共に過ごした時間よりも離れている時間の方が長くなっていた。
しかし、以前より久納の考えていることがわかる。先ほどの皮肉ったような言葉が照れ隠しだということも、今の真琴にはわかっていた。
久納は電話で話している時にも甘い言葉はめったに言わず、どちらかというと事務的に、その日あった出来事を報告しているような感じだった。 けれど、わかるのだ。
会話の間のわずかな沈黙。電話口から時折聞こえてくる息遣いや気配といった言葉以外のものから、彼の気持ちが伝わってくる。
「おまたせしました、ホットコーヒーになります」
ちょうど会話が途切れた時に、店員が注文した品を持ってきてくれた。


----お試し読み終----

2015年10月18日(Sun) | 同人活動 | TB(-) | CM(0)

届きました~!

J庭前日の夜ですが、明日頒布予定の「依頼人は眠らない」が届きました!




⬆写真を撮るのが下手なもので、ちょいと歪んでますが(^_^;)

今回、自宅と会場とに分納をお願いしたので、ギリギリですがJ庭前に新刊の出来をチェックできてちょっと安心です。

荷造りも終わりましたし、おやつとお小遣いも持ったし、後は朝寝坊しなければ無事に会場でお会い出来ると思います!

なんと最近駅前の駐車場がなくなってしまい、少し離れた場所に停めて歩かなければならないため、家を5時45分に出発する予定です。
逆算すると、4時起き。
洗濯魔なので、どうしても朝洗濯しないと落ち着かなくて……( ̄▽ ̄;)

今夜は明日に備えて早めに就寝いたします~。
ではでは、明日はよろしくお願いします。
2015年10月17日(Sat) | 同人活動 | TB(-) | CM(0)

ペーパーも完成

やっとペーパーまで手が回り、先ほど印刷しました。



うん、相変わらずセンスを感じないレイアウト(^_^;)
伝えたい情報のみを載せることを優先しているため、遊び心ゼロです。

あ、内側には恒例の、新刊の番外編SS(書きおろし)が載ってます!
このペーパーでしか読めませんので、ぜひお持ちになってください。
ペーパーだけお持ちになっても大丈夫ですので! 通りすがりに無言でサッと取っていただいて結構です(^^)
これからせっせと二つ折りにします。
ちなみに、ペーパーのサイズはB5。二つに折った状態でなら、A5の同人誌に挟んでも飛び出ない大きさにしてます。
実は私、文具類が大好きなんですよ。
毎回ペーパーの色を何にするか、楽しみながら選んでます♪
今回は新刊の雰囲気に合わせて落ち着いた色味にしました。薄い藤色……グレー? そんな感じの色です。あまり目立つ色じゃないですね……。ペーパーの存在に気づいていただけるか、不安になってきました。
もしわからなかったら、お気軽にお尋ねください(^^)


今回の新刊「依頼人は眠らない」のお試し読みもアップしましたし、ペーパーも刷ったし、後は当日携えて行く荷物の荷造りが残ってるくらいですね。

あ、お試し読みをアップするの、うっかり忘れてて、ギリギリになってしまい、すみません(>_<)
念のため、目に留まるよう当日まではトップに固定しておきます。

日曜日が待ち遠しいですね~。指折り数えてます。
楽しい一日にいたしましょうね♪
2015年10月15日(Thu) | 同人活動 | TB(-) | CM(0)

ラブラブだな!

昨日の記事でお伝えしたように、今日は先日あった出来事を聞いていただきたいと思います!

先週の土曜日、地元でライブがあり友人と行ってきました。実に10年ぶりです。
席も後ろの方だったしブランクも長いし、何より締め切り前にムチウチになるわけにはいかないので、極力首は振らない方向で、という前提のもと行ってきました。

で、会場に到着し、まだ時間があったのでロビーをブラブラしていたところ、思わず二度見する光景に遭遇!
同じライブを見に来たお客さんたちが座るソファのど真ん中に、ご年配の女性が二人座ってらっしゃいました。
それがどうした? と思われるかもしれませんが、このバンドのファンの方々、皆さん黒服&濃いメイクで、見た目は少し近寄りがたい感じなんですね。
現に、別のホールで行われたコンサートにいらした方が、ロビーに入るなり「うわ、別世界だ……」と呟かれるくらいには、ご年配の方には馴染みない格好&独特の空気だったと思います(^_^;)
あ、もちろん、ファッションがちょっと個性的な感じなだけで、皆さんいい方ですよー。
そんな集団の中で談笑するおばあちゃん二人。
お年寄りが大好きな私は、お二人を見てテンションアップ! 可愛い笑顔にやられました!

そうこうしているうちに、時間になりライブが始まったのですが、前の席に座った方が二十代前半くらいの男性二人組でした。
開演するまでは別に気にしてませんでしたが、 ライブが進むにつれ、ふとあることに気づいたんです。

ーーくっつきすぎしゃね? と。

ライブでハイになってるのに加え、爆音で耳がやられて聞こえづらくなってるんでしょうね。
身を寄せあって耳打ちするように話すんですよ!
いや、私たちもそうでしたが、とにかく楽しいみたいで終始笑顔の二人。
とても微笑ましかったです。

……ですが、これで終わりじゃありませんでした。

アンコールも終わり、初志貫徹ならず振ってしまった首を心配しつつ、ステージからはけていくメンバーを見送っていたところ、事件は起きました。

ギターの方がピックを客席に放り出した時、突然、前の席の男性のうち一人がボールをキャッチするように頭上で手を開き、ギターの方がピックを投げてから少しして、まるでキャッチしたかのように手のひらを閉じました。

後でそれを見ながら、「ここまで届くわけないのに何をやってるんだろ?」と思ってたら、もう一人の男性に握った拳を見せ、ジェスチャーで「ピック取れた!」と満面の笑みを見せる男性。
連れの男性、そんなわけない、と思いつつも、「見て見て」とはしゃいだ感じで促されるので、少し期待した顔で拳を見つめる。
そして十分期待を膨らませた後で、拳を開くとそこには…………何もない! まぁ、当たり前ですが(笑)
何もない開いた手のひらを、連れの男性が「ないのかよ!」と言いながらバシッ。肩もバシッ。
叩かれても、いたずらが成功して嬉しそうな男性。にっこにこしてる。

もうね、もう……お前らラブラブだな‼

と心の中で絶叫ですよ!

10年ぶりにバンドのメンバーに会えて(見れて?)、曲や歌が聴けてすごく楽しかったのですが、それ以上に前席の二人の仲良しっぷりがね、気になって気になって仕方なかったです!

まさかこんな場所で創作意欲をこれほどまでに刺激されるとは思いませんでした。
彼らにはありがとうと言いたいです。


こんな話にお付き合いくださり、ありがとうございました。
聞いていただけて満足です(^^)


2015年10月14日(Wed) | 雑談 | TB(-) | CM(0)

やっとできました!

三連休、終わりましたね。この連休、私は原稿やって終わりましたよ……。

でも、おかげでなんとかJ庭用の原稿を印刷所さんに入稿できました~!
昼間には既刊などを詰めた荷物を宅配便で送り、そして先程、プロットの直しも提出!
色々がギリギリで、間に合うかヒヤヒヤしましたが、無事にノルマ達成です。

でも、やばいですね。
最近、何でもギリギリに間に合わせてる感じがします。
J庭原稿も早めに取りかかって初稿終わらせてたから、余裕だと思ったのに……。
プロットの直しも、こんなにギリギリになる予定じゃなかったのに……。

まぁ、理由はわかってるんですけど(^_^;)
先週、プロットの直しの指示を受けて、「連休明けには提出出来ます!」と豪語しておきながら、翌日の連休初日に遊びに行ってましたからね(´д`|||)
同人誌をお願いしてる印刷所さんの締め切りも連休明けだってのにね。
そんな余裕ないのにね、遊んできちゃいました。

ですが、おかげで萌えを補給出来ましたよ‼
前の席の男子二人がまぁ仲が良いこと(*^^*)
もう、ステージより彼らが気になって仕方ありませんでした!
あ、このお話はまた明日にでも(笑) 誰かに言いたくて仕方ないので、聞いてください(笑)
ではまた明日です(^-^)/

2015年10月13日(Tue) | 雑談 | TB(-) | CM(0)