FC2ブログ
2019 101234567891011121314151617181920212223242526272829302019 12










「高校教師と十年の恋」 裏話的な……

この記事は、6月30日発売の「高校教師と十年の恋」の製作秘話のようなものになってます。
本編のネタばらし的なことは書かないので、まだお読みでない方もお気軽にご覧いただけます(^^)
自分の振り返りの意味も含めて書いたため、本当にたいしたことないお話ばかりですので、読み飛ばしていただいても大丈夫ですよ~。

以下より始まります⬇

このお話を思いついたきっかけは、「可愛いおっさん受が書きたい!」という想いからでした。
これまでも何度か挑戦してみましたが、私の人生スキルが足りないせいか、どうしても設定年齢に中身が伴わず、改稿するたびに若くしていき、最終的に30前後に落ち着く、という流れでした。
そこで、今回こそは! と、私の一番好きな年齢の受でいこうと決意!
そう、文則は当初、42歳設定だったんです。
お読みになった方は「ん?」と思われたでしょうが、すみません、今回も初志貫徹ならず( ノД`)… 35歳で落ち着きました(-.-)

あと、物語の中で大事な役割を果たしている星について。
これも、実は思い付きで加えた設定でした。
プロットを考えてる時、たまたま宇宙に関する映画を観て、星に詳しくなかった私に家族が惑星について熱弁。あまりにも長々と語られたので、ついその熱い想いを組み込んだ次第です。

そして、文則を天文部の顧問にするにあたり、なんの教科の担当にするかも悩みました!
最初は別の教科担当でしたが、星に詳しそうな教科は……、と悩み、物理教師に。
物理教師に変更します、と後日担当さんにお伺いを立てた際に「いいですが……大丈夫ですか? 物理って難しそうですけど」と心配されたのが印象に残ってます(笑)
やはりそう思いますよね! 私も難しそうだなって思いました!
だって、根っからの文系人間ですから。物理って何を教わるんだっけ? から調べましたよ~。

今回、ちょこちょこ高校の描写が出てきますが、自分の学生時代なんてはるか昔すぎてどうだったか忘れてまして、本気で母校を訪ねようか考えちゃいました。思い止まりましたが(笑)
なので、担当さんからいただいたアドバイスをかなり拝借いたしました。ありがとうございました!
桜を北見のことを思い出すキーワードとして使うことも提案していただき、がっつり使わせてもらってます!

あ、桜と言えばカバー折り返しのコメントにも書きましたが、桜の描写をするにあたり気分を高めようとお花見に行きました。
花を見ることがメインの目的だったので、穴場スポットを選んだので、存分に桜の美しさを堪能出来ました!



屋台も五つくらいしか出てなくて、皆さんお弁当を持参してきてる方が多かったです。
クレープもなかった……残念です(>_<)
人形焼きの屋台はあったので買ったのですが、そこのお姉さんに「自分たち、東京から今来たとこなんですけど、ここってすごく桜が綺麗なんですね」と話しかけられました。
私が相づちを打つと続けて「でも、お客さんが全然いないですけど……」と苦笑いしながらおっしゃいました……。
すみませんすみませんすみません。ここ、地元民くらいしか来ない、知る人ぞ知る花見スポットなんです。
ここらへんで花見なら、街中の公園が有名で、皆そこに行ってしまうんです。
わざわざ遠征してきてくださったのに、田舎で人いなさすぎてすみません(T_T)
と、なぜかお姉さんに謝りまくって、お花見を終えてました。
ただ、私は毎年こっちでお花見してます。人ごみ疲れるので(^_^;)
今年の桜も見事でした‼

そして、最後は前作でも悩んだタイトルについて。
今作でも悩みまくりました!
あとがきでも触れましたが、家族にも相談までしたのに、いい案が出ず……。
何個が自力で頑張ってそれっぽいタイトル考えました。……が、やはりボツ(;_;)
結局、今作も担当さんにつけていただきました。何から何まで申し訳ありません~。
そういえば、タイトルを相談した時に家人に「あんな長い文章かけるのに、なんでタイトルがつけられないの?」と不思議そうに言われました。
ふふっ。違うよ、短くまとめられないから長い文章で説明してるんだよ。一言で全てを伝えられるなら、小説を書いてない(私の場合は)。
と上記のように返したところ、すごく納得されました。
そんなやり取りを経ての「高校教師と十年の恋」というタイトル! これぞ、ザ・要点が凝縮されたタイトル!
このタイトルを候補として出された時、思わず「あぁ! こういうふうに付ければいいんですね!」と言ってました。
今回学んだことや反省点を、次作に生かせたらなぁ、と思います。

今作も現在の持てる全ての力を出して書きました。
読んでくださった方のお心に何か残せていたら幸いです。
もし読んだ感想などを一言でもいただけますと、とても嬉しいです。
ではでは、こんなところまでお読みくださり、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



2017年07月01日(Sat) | 裏話的な | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する